産経フォト

高木美帆が優勝 スピードスケートW杯第3戦

スポーツ

高木美帆が優勝 スピードスケートW杯第3戦

更新 sty1812090002
女子1500メートルで優勝し、笑顔の高木美帆(中央)=トマショフマゾウィエツキ(共同) 女子1500メートルで優勝し、笑顔の高木美帆(中央)=トマショフマゾウィエツキ(共同)
女子1500メートルで優勝した高木美帆=トマショフマゾウィエツキ(共同)
画像を拡大する
女子1500メートルで優勝した高木美帆=トマショフマゾウィエツキ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は8日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子1500メートルは平昌冬季五輪銀メダリストの高木美帆(日体大助手)が1分57秒32で制した。今季個人種目初優勝で、1500メートル通算7勝目。1000メートル、3000メートルを合わせ9勝となった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング