産経フォト

ネコ駅長出勤、イルミ点灯式 和歌山、クリスマス前に

イベント・祭典

ネコ駅長出勤、イルミ点灯式 和歌山、クリスマス前に

更新 sty1812080009
和歌山電鉄貴志駅でイルミネーションの点灯式に参加した駅長の「ニタマ」=8日夜、和歌山県紀の川市 和歌山電鉄貴志駅でイルミネーションの点灯式に参加した駅長の「ニタマ」=8日夜、和歌山県紀の川市
和歌山電鉄貴志駅のイルミネーション点灯式にサンタ姿で参加した駅長の「ニタマ」=8日夜、和歌山県紀の川市
画像を拡大する
和歌山電鉄貴志駅のイルミネーション点灯式にサンタ姿で参加した駅長の「ニタマ」=8日夜、和歌山県紀の川市フルスクリーンで見る 閉じる

 ネコが駅長を務めていることで知られる和歌山電鉄貴志川線の貴志駅(和歌山県紀の川市)で8日、約8200個の発光ダイオード(LED)ライトを使ったイルミネーションの点灯式があった。点灯は来年1月18日まで。
 駅のホーム柵やレンガの壁に社員や地元のボランティアがライトを取り付けた。日没後の点灯式にはサンタクロースの衣装をまとった貴志駅長の三毛猫「ニタマ」らも“夜間出勤”。雪だるまやトナカイをかたどった作品が色とりどりに駅舎を照らした。
 今年で12回目。和歌山電鉄の担当者は「クリスマスや新年を前に、秘密のデートスポットとして楽しんで」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング