産経フォト

貴ノ岩、暴力問題で引退 付け人を殴打、責任取る

ニュース

貴ノ岩、暴力問題で引退 付け人を殴打、責任取る

更新 sty1812070011
会見の冒頭、深々と頭を下げる貴ノ岩=7日午後、東京都台東区の千賀ノ浦部屋(撮影・中井誠) 会見の冒頭、深々と頭を下げる貴ノ岩=7日午後、東京都台東区の千賀ノ浦部屋(撮影・中井誠)
会見の冒頭、頭を下げる貴ノ岩(右)と千賀ノ浦親方=7日午後、東京都台東区の千賀ノ浦部屋(撮影・中井誠)
画像を拡大する
会見の冒頭、頭を下げる貴ノ岩(右)と千賀ノ浦親方=7日午後、東京都台東区の千賀ノ浦部屋(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲の冬巡業先の福岡県内で4日夜に、付け人の弟弟子(23)に暴力を振るった平幕貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、千賀ノ浦部屋=が7日、責任を取って現役を引退した。日本相撲協会が同日、引退届を受理したと発表した。
 貴ノ岩は昨年の元横綱日馬富士による傷害事件の被害者。元日馬富士も事件の引責で同年11月に引退していた。
 貴ノ岩は7日に師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と共に東京都墨田区の両国国技館を訪れ、協会の八角理事長(元横綱北勝海)に引退の意向を伝えた。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、理事長は再三にわたって「本当にそれでいいのか」と確認したが、意思は固かったという。同部長は「師匠や部屋に多大な迷惑を掛けた。どうしてこんなことをしたのかという後悔はあるだろう」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング