産経フォト

千本釈迦堂で大根炊き 二十四節気の大雪

ニュース

千本釈迦堂で大根炊き 二十四節気の大雪

更新 sty1812070009
京都・千本釈迦堂で師走の風物詩「大根だき」が行われた=7日午前、京都市上京区(永田直也撮影) 京都・千本釈迦堂で師走の風物詩「大根だき」が行われた=7日午前、京都市上京区(永田直也撮影)
京都・千本釈迦堂で師走の風物詩「大根だき」が行われた=7日午前、京都市上京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
京都・千本釈迦堂で師走の風物詩「大根だき」が行われた=7日午前、京都市上京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 二十四節気の一つ、大雪(たいせつ)の7日、京都市上京区の千本釈迦堂(大報恩寺)で、大根を食べて無病息災を祈る師走の風物詩「大根(だいこ)だき」が始まり、煮込んだ大根が参拝者に振る舞われた。8日も行われる。
 修行中の釈迦が悪魔の妨害や誘惑に屈せず、12月8日に悟りを開いたことにあやかった法要「成道会(じょうどうえ)」にちなんだ行事。
 鎌倉時代、大根の切り口に梵字を書いて参拝者の魔よけとし、他の大根と一緒に炊きあげて参拝者に振る舞ったのがはじまりという。
 この日、境内に設置した直径約1メートルの大鍋で、僧侶が祈願した大根が油揚げとともに煮込まれた。2日間で約1万食を用意する。1杯千円。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング