産経フォト

夜間給油訓練中に接触? 高知県沖の米海兵隊機墜落

ニュース

夜間給油訓練中に接触? 高知県沖の米海兵隊機墜落

更新 sty1812060018
 米海兵隊岩国基地所属機が墜落した高知県沖で、捜索する海上保安庁の巡視船と米空軍のP-8A哨戒機=6日午後(共同通信社機から)  米海兵隊岩国基地所属機が墜落した高知県沖で、捜索する海上保安庁の巡視船と米空軍のP-8A哨戒機=6日午後(共同通信社機から)

 高知県沖の太平洋上で米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属の空中給油機KC130とFA18戦闘攻撃機が接触、墜落した事故で、防衛省は6日、2機は夜間の空中給油を含む訓練のために飛行していたと明らかにした。防衛省は米側に情報提供を求め、当時の詳しい状況の確認を進めている。

 防衛省によると、2機には計7人が搭乗し、6日正午ごろまでに2人が救助された。うち1人はシートに固定された状態だった。FA18では、緊急時にシートごと機外に脱出させる機能があり、FA18の乗員の可能性があるという。徳島県小松島市の病院に運ばれたが、容体は分かっていない。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング