産経フォト

外国人は日韓観光客限定 ヤンゴンのアウン・サン廟

ワールド

外国人は日韓観光客限定 ヤンゴンのアウン・サン廟

更新 sty1812060012
 ミャンマー・ヤンゴンにある殉難者廟(通称・アウン・サン廟)=10月(共同)  ミャンマー・ヤンゴンにある殉難者廟(通称・アウン・サン廟)=10月(共同)

 ミャンマーの最大都市ヤンゴンに、訪れる外国人観光客が日本人と韓国人にほぼ限定されている名所がある。同国独立の英雄アウン・サン将軍らが祭られている「殉難者廟(通称・アウン・サン廟)」だ。日本に縁ある将軍の廟で、韓国の閣僚が殺害されたテロ現場でもあるためだ。

 アウン・サン将軍は1947年7月19日、政敵に暗殺された。軍事政権時代、廟に市民が集えば将軍の娘で当時、民主化運動指導者だったアウン・サン・スー・チー氏の人気が高まると警戒され、廟は閉鎖されていた。

 民政移管後の2013年に一般公開されたが、廟内の案内や掲示は全てビルマ語。訪れる外国人は平日は5~10人程度。たまに欧米人が来るほかは、大半が日本人だという。(ヤンゴン共同)

 ミャンマー・ヤンゴンの殉難者廟(通称・アウン・サン廟)入り口近くにある韓国人の慰霊碑=10月(共同)
画像を拡大する
 ミャンマー・ヤンゴンの殉難者廟(通称・アウン・サン廟)入り口近くにある韓国人の慰霊碑=10月(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング