産経フォト

鏡開き 準備OK 菰樽づくりピーク、兵庫・尼崎

伝統・文化

鏡開き 準備OK 菰樽づくりピーク、兵庫・尼崎

更新 sty1812060002
新年の鏡開きなどに使われる「菰樽」を手際良くつくる職人ら =兵庫県尼崎市(須谷友郁撮影) 新年の鏡開きなどに使われる「菰樽」を手際良くつくる職人ら =兵庫県尼崎市(須谷友郁撮影)
新年の鏡開きなどに使われる「菰樽」を手際良くつくる職人ら =兵庫県尼崎市(須谷友郁撮影)
画像を拡大する
新年の鏡開きなどに使われる「菰樽」を手際良くつくる職人ら =兵庫県尼崎市(須谷友郁撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 年始の鏡開きなどで使われる「菰樽(こもだる)」づくりが、兵庫県尼崎市の岸本吉二商店でピークを迎え、職人が手際よく作業を進めている。

 伊丹や灘といった酒どころに囲まれた尼崎は、菰の原料となる稲のわらが豊富に取れたため、菰づくりが地場産業として発展。現在も年末年始の贈答品やディスプレーなどとして需要があるという。

 岸本章男専務(54)は「干支が描かれた小さい菰樽が人気。良い年が迎えられるよう心を込めてつくりたい」と話していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング