産経フォト

よい年に向かって猛進 干支「亥」信楽焼づくり 滋賀・甲賀

伝統・文化

よい年に向かって猛進 干支「亥」信楽焼づくり 滋賀・甲賀

更新 sty1812040019
明山窯で製作が進む来年の干支「亥」の信楽焼 =滋賀県甲賀市(安元雄太撮影) 明山窯で製作が進む来年の干支「亥」の信楽焼 =滋賀県甲賀市(安元雄太撮影)
明山窯で製作が進む来年の干支「亥」の信楽焼 =滋賀県甲賀市(安元雄太撮影)
画像を拡大する
明山窯で製作が進む来年の干支「亥」の信楽焼 =滋賀県甲賀市(安元雄太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 信楽焼で知られる滋賀県甲賀市信楽町の窯元「明山窯」で、来年の干支「亥」の置物づくりが進められており、工房では、白く輝く親子のイノシシが新春の風情を漂わせている。

 明山窯では年末までに、高さ5~10センチのイノシシを約1500個製作。職人の手で1カ月弱かけて手作りされた置物が、新年に向けて出荷の時を待っている。

 9代目の石野伸也さん(40)は、「本来は筋骨隆々とした姿だが、かわいくふくよかに作っている。よい年を迎えてほしい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング