産経フォト

MVPはベッツとイエリチ 米大リーグ

スポーツ

MVPはベッツとイエリチ 米大リーグ

更新 sty1812010013
 レッドソックスのベッツ(MLB提供・ゲッティ=共同)  レッドソックスのベッツ(MLB提供・ゲッティ=共同)

 米大リーグで最優秀選手(MVP)に選ばれたのは、走攻守三拍子のそろった26歳の2人だった。ア・リーグはレッドソックスのベッツ外野手、ナ・リーグはブルワーズのイエリチ外野手が、ともに首位打者と最高の栄誉をダブル受賞した。

 ベッツは1番打者として、両リーグ最高勝率球団の強力打線をけん引した。打率3割4分6厘、32本塁打、30盗塁で「トリプルスリー」を達成し、3年連続でゴールドグラブ賞を受賞。主力でワールドシリーズも制した。

 日系米国人のイエリチはマーリンズから移籍し、才能が開花した。本拠地が広いマーリンズ・パークからミラー・パークに変わり「(飛距離を)心配しなくてもよくなった」という。打率3割2分6厘、36本塁打、110打点、22盗塁で、チームの7年ぶりの中地区優勝の原動力となった。(共同)

 ブルワーズのイエリチ(ゲッティ=共同)
画像を拡大する
 ブルワーズのイエリチ(ゲッティ=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング