産経フォト

地震の恐怖根深く 韓国人客落ち込み続く北海道

ニュース

地震の恐怖根深く 韓国人客落ち込み続く北海道

更新 sty1811300010
 北海道函館市内を観光する外国人観光客=11月2日  北海道函館市内を観光する外国人観光客=11月2日

 9月6日に最大震度7を観測した北海道地震などを受け、9月の訪日外国人旅行者数は前年同月比5・3%減と、5年8カ月ぶりのマイナスとなった。10月は同1・8%増と持ち直したが、韓国では北海道ツアーのキャンセルが相次ぎ、影響が長引いている。専門家は「韓国は大きな地震が少なく恐怖心が強い」と分析。日本側は官民一体で安全のPRに取り組む。

 国土交通省によると、新千歳空港の9月の国際線旅客数は前年同月比21%減の18万6千人。韓国からは同35%減の5万9千人で落ち込みが顕著だった。10月も韓国は同26%減で、中国や台湾と比べて戻りが鈍い。

 韓国人の日本旅行を扱うハナツアー・ジャパン(東京)によると、10~12月のツアー予約は、日本全体で前年比約3割減なのに対し、北海道は同約5割減。担当者は「北海道はまだ危険だと思われている」と話す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング