産経フォト

岩屋防衛相、いずも“空母化”とF35B導入を示唆

自衛隊・ミリタリー

岩屋防衛相、いずも“空母化”とF35B導入を示唆

更新 sty1811270007
 護衛艦「いずも」=2017年6月、南シナ海(自衛隊ヘリから、松本健吾撮影)   護衛艦「いずも」=2017年6月、南シナ海(自衛隊ヘリから、松本健吾撮影) 
 米海兵隊のF35Bステルス戦闘機=年5月、山口県岩国市(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
 米海兵隊のF35Bステルス戦闘機=年5月、山口県岩国市(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 岩屋毅防衛相は27日の記者会見で、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦を空母化するよう改修し、短距離滑走での離陸が可能なF35B最新鋭ステルス戦闘機を運用することに前向きな姿勢を示した。年末に策定する新たな「防衛計画の大綱」に明記する方向だ。

 岩屋氏はいずも型護衛艦について「せっかくある装備なので、できるだけ多用途に使っていくことが望ましい」と指摘。F35Bの導入についても「短い滑走路で離陸できる性能を持った航空機だ。航空機体系全体をどうするかの一つとして検討している」と述べた。

 自民党が5月に示した防衛大綱に向けた提言には、いずも型護衛艦を空母化改修する「多用途運用母艦」と、F35Bの導入が盛り込まれている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング