産経フォト

クリスマスへ 出荷ピーク 奈良・宇陀

ニュース

クリスマスへ 出荷ピーク 奈良・宇陀

更新 sty1811260010
宇陀ガーデンで追い込みに入っているシクラメンの出荷 =奈良県宇陀市(安元雄太撮影) 宇陀ガーデンで追い込みに入っているシクラメンの出荷 =奈良県宇陀市(安元雄太撮影)
宇陀ガーデンで追い込みに入っているシクラメンの出荷 =奈良県宇陀市(安元雄太撮影)
画像を拡大する
宇陀ガーデンで追い込みに入っているシクラメンの出荷 =奈良県宇陀市(安元雄太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 奈良県宇陀市の「宇陀ガーデン」で、ガーデニング用のシクラメンの出荷がピークを迎え、ビニールハウス内は白やピンク、赤や紫など華やかな色合いに満ちている。

 ほのかな香りが漂うハウス内で、従業員は水や肥料を与えたり、ラベルをつけたりと手際よく作業を進めた。来月下旬までに、近畿を中心に計約20万株を出荷するという。

宇陀ガーデンで追い込みに入っているシクラメンの出荷 =奈良県宇陀市(安元雄太撮影)
画像を拡大する
宇陀ガーデンで追い込みに入っているシクラメンの出荷 =奈良県宇陀市(安元雄太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 太田満(みちる)専務(53)は、「ガーデニング用は、贈答用と比べて花の持ちがいいのが特徴。屋内でも屋外でも長く楽しんでもらえたら」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング