産経フォト

ANAがドローン配送実験 20年以降の事業化目指し

ニュース

ANAがドローン配送実験 20年以降の事業化目指し

更新 sty1811210013
 ANAホールディングスの担当者(右)から小型無人機ドローンで運ばれた荷物を受け取る玄界島の住民=21日午後、福岡市西区  ANAホールディングスの担当者(右)から小型無人機ドローンで運ばれた荷物を受け取る玄界島の住民=21日午後、福岡市西区
 荷物を積んで福岡市西区の玄界島に到着した小型無人機ドローン=21日午後
画像を拡大する
 荷物を積んで福岡市西区の玄界島に到着した小型無人機ドローン=21日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 ANAホールディングス(HD)などは21日、福岡市で、小型無人機ドローンを使って本土と離島との間で日用品を運ぶ実験をした。物流基盤が弱い地域で住民と宅配業者の双方を支援する狙い。同社は航空機を運航管理するノウハウを生かし、2020年以降にドローン配送を事業化したい考えだ。

 この日の実験では、幅と奥行きがいずれも約52センチ、高さ45センチで、悪天候に備えて耐水性を高めたドローンを使用。福岡市西区の唐泊港から玄界島までの片道約5キロを、自動運転で往復飛行した。

 小型無人機ドローンに荷物を入れた輸送箱を取り付けるANAホールディングスの担当者=21日午後、福岡市西区の玄界島
画像を拡大する
 小型無人機ドローンに荷物を入れた輸送箱を取り付けるANAホールディングスの担当者=21日午後、福岡市西区の玄界島フルスクリーンで見る 閉じる

 唐泊港を発進する機体に取り付けた発泡スチロール製の輸送箱には、事前調査で住民から要望が多かった常備薬と郵便物を計約1キロ積んだ。機体は最高で海抜約70メートルを飛び、出発から約10分後に島へ到着。帰りは地元で採れたワカメを本土へ運んだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング