産経フォト

ゆるキャラ日本一の栄冠は グランプリ開催、東大阪

エンタメ

ゆるキャラ日本一の栄冠は グランプリ開催、東大阪

更新 sty1811170003
ゆるキャラグランプリに登場した三重県四日市市の「こにゅうどうくん」(左)の舌を引っ張る大阪府の「もずやん」=17日午前、大阪府東大阪市 ゆるキャラグランプリに登場した三重県四日市市の「こにゅうどうくん」(左)の舌を引っ張る大阪府の「もずやん」=17日午前、大阪府東大阪市
ゆるキャラグランプリに登場した福岡県大牟田市の「ジャー坊」=17日午前、大阪府東大阪市
画像を拡大する
ゆるキャラグランプリに登場した福岡県大牟田市の「ジャー坊」=17日午前、大阪府東大阪市フルスクリーンで見る 閉じる

 投票で自治体や企業のゆるキャラ日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2018in花園~ラグビーのまち東大阪~」が17日、大阪府東大阪市の花園中央公園で始まった。18日には来場者による決選投票と事前のインターネット投票を合わせた最終順位が発表される。8回目の今年は、ご当地キャラクター507体、企業のキャラクター402体がエントリー。
 ご当地部門では1日時点で、三重県四日市市の「こにゅうどうくん」が暫定1位。2位以降は福岡県大牟田市の「ジャー坊」、大阪府泉佐野市の「一生犬鳴!イヌナキン!」が続いている。
 9日に締め切られたネット投票は、メールアドレスごとに投票用IDを取得し1日1回可能だったが、四日市市などではフリーメールアドレスで大量に得たIDを職員らに配布するなどの手法で「組織票」を投じていたことが判明しており「やり過ぎだ」と疑問の声も上がっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング