産経フォト

ベトナム、夢の国産車 ビンファスト、政府後押し

自動車

ベトナム、夢の国産車 ビンファスト、政府後押し

更新 sty1811150009
パリ国際自動車ショーで、ビンファストの発表会に登場したサッカー元イングランド代表主将、デービッド・ベッカム氏=10月2日(ゲッティ=共同) パリ国際自動車ショーで、ビンファストの発表会に登場したサッカー元イングランド代表主将、デービッド・ベッカム氏=10月2日(ゲッティ=共同)
パリ国際自動車ショーで披露されたビンファストのセダン=10月2日(ゲッティ=共同)
画像を拡大する
パリ国際自動車ショーで披露されたビンファストのセダン=10月2日(ゲッティ=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ベトナム企業ビンファストが初の本格的な国産車メーカーとして市場参入の準備を進めている。富の象徴とも言える自動車の自国ブランド保有は新興国の夢。地場産業育成に力を入れる政府も後押しするが、東南アジアでは国威発揚を兼ねた「国民車」構想が頓挫してきた経緯がある。関係者は今後の展開を注意深く見守っている。
 お披露目の場は10月に開催された欧州最大級の自動車展示会「パリ国際自動車ショー」だった。市場に投入するのはセダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)の2車種。サッカー元イングランド代表主将、デービッド・ベッカム氏も登場し「モダンで美しく、信じられない出来栄えだ」と称賛した。
 ビンファストはベトナムの不動産大手ビングループ傘下。昨年9月に自動車製造への参入を発表した。独自技術に固執せず、ドイツ自動車大手BMWの技術も導入し1年ほどで2車種の発表にこぎ着けた。来年夏ごろの販売開始を目指す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング