産経フォト

晩秋の大山、炎の川 鳥取、開山1300年

イベント・祭典

晩秋の大山、炎の川 鳥取、開山1300年

更新 sty1811110012
大山開山1300年の一年を締めくくる「秋のたいまつ行列」=11日夜、鳥取県大山町 大山開山1300年の一年を締めくくる「秋のたいまつ行列」=11日夜、鳥取県大山町
「秋のたいまつ行列」で暗闇を厳かに進む参加者=11日夜、鳥取県大山町
画像を拡大する
「秋のたいまつ行列」で暗闇を厳かに進む参加者=11日夜、鳥取県大山町フルスクリーンで見る 閉じる

 鳥取県の国立公園・大山(1729メートル)で11日夜、開山1300年の一年を締めくくる特別行事「秋のたいまつ行列」が行われた。
 参加者は、中腹の大神山神社奥宮の境内で、燃えさかるかがり火から採火したたいまつを掲げ、出発。神職らに率いられ、ほら貝の音が響く中、暗闇を厳かに進むと、参道が炎の川のように揺らめいた。
 たいまつ行列は6月の夏山開き前夜祭の恒例行事。今年は1300年間守られてきた大山の自然や文化などを継承しようと秋にも実施した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング