産経フォト

トランプ氏、公平負担要求 防衛費、仏大統領と会談

ニュース

トランプ氏、公平負担要求 防衛費、仏大統領と会談

更新 sty1811100018
フランスのマクロン大統領(右)と会談するトランプ米大統領=10日、パリ(ロイター) フランスのマクロン大統領(右)と会談するトランプ米大統領=10日、パリ(ロイター)
トランプ米大統領(右)を出迎えたマクロン仏大統領=10日、パリ(AP)
画像を拡大する
トランプ米大統領(右)を出迎えたマクロン仏大統領=10日、パリ(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

【パリ共同】フランスを訪問したトランプ米大統領は10日、パリの大統領府(エリゼ宮)でマクロン大統領と会談した。トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)加盟国による防衛費の公平負担を重ねて要求した。マクロン氏も同意した上で、欧州を取り巻く安全保障環境に対応する防衛力強化が必要だと訴えた。
 6日の米中間選挙後にトランプ氏が外国首脳と直接会談するのは初めて。両首脳は貿易問題やテロ対策を協議した。米国が破棄方針を表明した旧ソ連との「中距離核戦力(INF)廃棄条約」の先行きも重要課題だ。
 会談でトランプ氏は「米国は強い欧州を求めている」と強調し「欧州を支援したいが、公平でなければならない。現状は米国に大きく依存している」と問題提起した。
 トランプ氏は9日、マクロン氏が「米国や中国、ロシアから自衛するために欧州独自の軍創設を提案した」として「非常に無礼だ」と非難、物議を醸した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング