産経フォト

16歳の紀平梨花、GP初出場優勝 SP5位から逆転

スポーツ

16歳の紀平梨花、GP初出場優勝 SP5位から逆転

更新 sty1811100015
女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館 女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館
女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館(加藤孝規撮影)
画像を拡大する
女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館(加藤孝規撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケートのNHK杯は10日、広島県立総合体育館で行われ、女子は紀平梨花(関大KFSC)がショートプログラム(SP)5位からフリー1位の合計224・31点で逆転し、日本勢初のGP初出場優勝を果たした。宮原知子(関大)が219・47点で2位、三原舞依(シスメックス)が204・20点で4位だった。

女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館
画像を拡大する
女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館フルスクリーンで見る 閉じる
女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館(加藤孝規撮影)
画像を拡大する
女子フリー 演技する紀平梨花=広島県立総合体育館(加藤孝規撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング