産経フォト

台風5年、犠牲者しのぶ フィリピン

ワールド

台風5年、犠牲者しのぶ フィリピン

更新 sty1811080017
 8日、フィリピン・パロの大聖堂で墓に花を手向ける女性(共同)  8日、フィリピン・パロの大聖堂で墓に花を手向ける女性(共同)

 【タクロバン共同】フィリピンで死者6300人、行方不明者1061人に上った2013年の台風30号の上陸から5年となった8日、中部レイテ島タクロバンや南隣のパロなど被災地で、遺族らが墓参したり追悼行事を開いたりして犠牲者をしのんだ。

 暴風雨と高さ6メートルに達した高潮で壊滅的被害を受けたタクロバンでは、遺族らが朝から郊外の集団墓地を訪れた。パロの大聖堂では追悼集会が開かれ、参加者が敷地内の墓に花を手向けた。

 復興には時間がかかっており、政府によると、全国で建設を計画している被災者向け住宅約20万戸のうち、10月時点で完成したのは約10万戸にとどまる。タクロバンのヤオカシン副市長は「住宅供給が遅れていることと、都市部以外での雇用創出が課題だ」と述べた。

 墓前に座る夫を亡くした女性=8日、フィリピン・タクロバン(共同)
画像を拡大する
 墓前に座る夫を亡くした女性=8日、フィリピン・タクロバン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング