産経フォト

角幡唯介さん「極夜行」に決定 新設「ノンフィクション本大賞」

ニュース

角幡唯介さん「極夜行」に決定 新設「ノンフィクション本大賞」

更新 sty1811080015
 北極圏での探検を描いた「極夜行」で「ノンフィクション本大賞」に選ばれ、関係者と記念写真に納まる角幡唯介さん(左から2人目)=8日午後、東京都内  北極圏での探検を描いた「極夜行」で「ノンフィクション本大賞」に選ばれ、関係者と記念写真に納まる角幡唯介さん(左から2人目)=8日午後、東京都内

 ヤフーニュースと本屋大賞が連携して今年新設した「ノンフィクション本大賞」の発表会が8日、東京都内で開かれ、北極圏での探検を描いた角幡唯介さんの「極夜行」(文芸春秋)が選ばれた。賞金に当たる取材支援費は100万円。

 角幡さんは発表会で「栄誉を感じる。ノンフィクションを書くことは、今の時代に何かを知るとはどういうことかを改めて世に問うことだと思う」と話した。

 受賞作は、太陽が昇らない「極夜」が続くグリーンランドを、そりを引く犬を連れて歩んだ角幡さんの体験記。悪天候や食料不足、闇の中で追い込まれていく精神などを克明に、時にユーモラスにまとめた。

 今回の賞は、ノンフィクションの魅力を伝え、作家を応援しようと、本屋大賞の部門賞として設けられた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング