産経フォト

新年待つ カラフル亥 大阪・和泉

伝統・文化

新年待つ カラフル亥 大阪・和泉

更新 sty1811060001
「井阪硝子製作所」で進められている、干支「亥」のガラス細工づくり =大阪府和泉市(安元雄太撮影) 「井阪硝子製作所」で進められている、干支「亥」のガラス細工づくり =大阪府和泉市(安元雄太撮影)
「井阪硝子製作所」で進められている、干支「亥」のガラス細工づくり =大阪府和泉市(安元雄太撮影)
画像を拡大する
「井阪硝子製作所」で進められている、干支「亥」のガラス細工づくり =大阪府和泉市(安元雄太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 来年の干支「亥(いのしし)」をモチーフにしたガラス細工の縁起物づくりが、大阪府和泉市の井阪硝子製作所で急ピッチで進められている。カラフルに輝くイノシシが新年を待ち構えている。

 同製作所では、干支のガラス細工を近畿を中心に全国に出荷。ガスバーナーで熱せられたガラス棒は職人の手で巧みに操られ、10分ほどで愛嬌のある動物の姿に生まれ変わった。年末までに千個近くを作製する。

 井阪浩明代表(55)は「イノシシは目や鼻を強調してかわいらしく作ることを心がけています。購入された方の心が、癒やされてくれればいいですね」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング