産経フォト

曲技飛行で19万人魅了 入間航空祭でブルーインパルス 

自衛隊・ミリタリー

曲技飛行で19万人魅了 入間航空祭でブルーインパルス 

更新 sty1811030018
 脚を出した状態での編隊飛行=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)  脚を出した状態での編隊飛行=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
 大勢の観客の前で華麗に飛行するブルーインパルス=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
 大勢の観客の前で華麗に飛行するブルーインパルス=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 航空自衛隊入間基地(埼玉県の狭山、入間両市)で3日、恒例の「入間航空祭」が開かれた。秋晴れの空の下、基地内を埋め尽くした観客約19万人を前に、航空自衛隊松島基地(宮城県)所属のブルーインパルス6機が曲技飛行を披露した。

 時速800キロで上空3千メートルまでほぼ垂直に高速上昇したり、背面飛行や連続回転飛行などでファンを魅了。訪れた人たちは「すごい、本当にすごい」と歓喜しながら写真を撮り続けていた。陸上自衛隊第1空挺団の隊員によるパラシュート降下も行われた。

 着陸するブルーインパルス4号機。基地の柵の外にも多くの人が詰めかけた=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
 着陸するブルーインパルス4号機。基地の柵の外にも多くの人が詰めかけた=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 機動性ある編隊飛行を魅せたC1。手前の機体は第2輸送航空隊創設60周年の記念塗装で、歌舞伎の隈取りを模している=3日午前、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
 機動性ある編隊飛行を魅せたC1。手前の機体は第2輸送航空隊創設60周年の記念塗装で、歌舞伎の隈取りを模している=3日午前、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 華麗な技を披露するブルーインパルス=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
 華麗な技を披露するブルーインパルス=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 松島基地に帰投するF2戦闘機のパイロットが「自衛官募集」と書かれた紙を広げて見せていた=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
 松島基地に帰投するF2戦闘機のパイロットが「自衛官募集」と書かれた紙を広げて見せていた=3日午後、航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング