産経フォト

琵琶湖を一望 空中散歩道完成、3日に一般公開

自然・風景

琵琶湖を一望 空中散歩道完成、3日に一般公開

更新 sty1811020016
 完成した空中散歩道「樹冠トレイル」=1日、滋賀県草津市  完成した空中散歩道「樹冠トレイル」=1日、滋賀県草津市

 滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)で、高さ最大10メートルの歩道橋を歩きながら敷地内の植生や鳥などの生態を観察できる総延長約150メートルの空中散歩道「樹冠トレイル」がこのほど完成した。3日から一般に公開、デッキから琵琶湖も一望できる。

 同館によると樹冠トレイルは「縄文弥生の森」の中に設置。地上の散策路と併せて、約150ある植物の葉形や花、実の様子を目の前で観察できる仕組みだ。

 湖上に飛来するカイツブリなどの野鳥も観察でき、2~6月は琵琶湖の伝統漁法「エリ」の実演も見られるという。

 昨年10月着工し、今年9月末に完成した。博物館から湖畔に延びる「丸子船トレイル」とアルミ合金製の回廊「森のトレイル」で構成され、総工費は約2・6億円。

 滋賀県立琵琶湖博物館(左奥)と空中散歩道「樹冠トレイル」=1日、滋賀県草津市
画像を拡大する
 滋賀県立琵琶湖博物館(左奥)と空中散歩道「樹冠トレイル」=1日、滋賀県草津市フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング