産経フォト

戦車172両、迫力の実弾射撃 北海道・陸自が競技会

自衛隊・ミリタリー

戦車172両、迫力の実弾射撃 北海道・陸自が競技会

更新 sty1810290014
北海道大演習場で開幕した第7師団戦車射撃競技会 =29日(杉浦美香撮影) 北海道大演習場で開幕した第7師団戦車射撃競技会 =29日(杉浦美香撮影)
北海道大演習場で開幕した第7師団戦車射撃競技会 =29日(杉浦美香撮影)
画像を拡大する
北海道大演習場で開幕した第7師団戦車射撃競技会 =29日(杉浦美香撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 北海道の陸上自衛隊戦車部隊が、日頃の訓練の成果を競う「平成30年度第7師団戦車射撃競技会」が29日、北海道大演習場(恵庭市など)で開幕した。予備日を含んで11月4日まで行われる。

 競技会には90式戦車160両、最新の10式戦車12両、総勢516人が参加。4両が1小隊になり、計43個小隊が射撃の命中の精度を競う。

北海道大演習場で開幕した第7師団戦車射撃競技会 =29日(杉浦美香撮影)
画像を拡大する
北海道大演習場で開幕した第7師団戦車射撃競技会 =29日(杉浦美香撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 この日は雨や突風に見舞われる不安定な天候で、競技を一時見合わせる事態も。ぬかるんだ悪条件の中、実弾を使った戦車射撃の競技会で部隊の団結と士気の高揚を図った。

 同競技会は毎年実施している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング