産経フォト

根尾は中日、小園が広島、吉田は日本ハム 【ドラフト会議】

スポーツ

根尾は中日、小園が広島、吉田は日本ハム 【ドラフト会議】

更新 sty1810250019
中日からドラフト1位指名を受け胴上げされる大阪桐蔭・根尾昂=大阪府大東市の大阪桐蔭高校(撮影・村本聡) 中日からドラフト1位指名を受け胴上げされる大阪桐蔭・根尾昂=大阪府大東市の大阪桐蔭高校(撮影・村本聡)
広島のドラフト1位指名が確定した報徳学園・小園海斗=兵庫県西宮市の報徳学園高校(撮影・甘利慈)
画像を拡大する
広島のドラフト1位指名が確定した報徳学園・小園海斗=兵庫県西宮市の報徳学園高校(撮影・甘利慈)フルスクリーンで見る 閉じる

 プロ野球のドラフト会議が25日、東京都内で開かれ、内外野を守れる強打者で投手としても甲子園大会で大阪桐蔭高の春夏連覇に貢献した根尾昂内野手は中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名で競合し、抽選の末に中日が交渉権を獲得した。
 兵庫・報徳学園高の小園海斗内野手もオリックス、DeNA、ソフトバンク、広島の4球団競合となり、交渉権は広島に。根尾のチームメートで今夏の甲子園大会で3本塁打を放った藤原恭大外野手は楽天、阪神、ロッテの3球団が争い、ロッテが交渉権を得た。

日本ハムの1位指名が決まり、チームメートらに胴上げされる金足農業・吉田輝星=秋田市(撮影・中井誠)
画像を拡大する
日本ハムの1位指名が決まり、チームメートらに胴上げされる金足農業・吉田輝星=秋田市(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 秋田・金足農高の吉田輝星投手は日本ハムが外れ1位で指名し、日体大の松本航投手は西武が単独指名して交渉権を手にした。立命大の辰己涼介外野手は外れ1位で4球団が重複して楽天が、東洋大の上茶谷大河投手は2球団が外れ1位指名し、DeNAが交渉権を獲得。1位指名では、オリックスが奈良・天理高の太田椋内野手、阪神は大阪ガスの近本光司外野手、巨人は八戸学院大の高橋優貴投手、ソフトバンクは東洋大の甲斐野央投手、ヤクルトは国学院大の清水昇投手の交渉権を得た。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング