産経フォト

北アルプス・立山で初冠雪 平年より13日遅く

自然・風景

北アルプス・立山で初冠雪 平年より13日遅く

更新 sty1810210013
初冠雪を記録した立山の主峰・雄山=21日(早坂洋祐撮影) 初冠雪を記録した立山の主峰・雄山=21日(早坂洋祐撮影)

 富山県の北アルプス・立山で21日、初冠雪が観測された。平年より13日遅い観測。標高3000メートル級の山々の黒い岩肌がうっすらと雪化粧を施され、澄み切った青空に立体的な姿を浮かび上がらせた。

室堂のミクリガ池から初冠雪を記録した立山の主峰・雄山(左奥)を望む観光客=21日(早坂洋祐撮影)
画像を拡大する
室堂のミクリガ池から初冠雪を記録した立山の主峰・雄山(左奥)を望む観光客=21日(早坂洋祐撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
朝焼けに染まる剱岳=21日(早坂洋祐撮影)
画像を拡大する
朝焼けに染まる剱岳=21日(早坂洋祐撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング