産経フォト

中国のトキつがい佐渡に 11年ぶり提供、楼楼と関関

生き物

中国のトキつがい佐渡に 11年ぶり提供、楼楼と関関

更新 sty1810170014
中国から11年ぶりに供与されたトキが佐渡空港へ到着。木箱に入った2羽のトキは、ヘリから降ろされた後、車両に運び込まれた =17日午後、新潟県佐渡市(大山文兄撮影) 中国から11年ぶりに供与されたトキが佐渡空港へ到着。木箱に入った2羽のトキは、ヘリから降ろされた後、車両に運び込まれた =17日午後、新潟県佐渡市(大山文兄撮影)
中国から供与されたトキが佐渡空港へ到着。木箱に入ったトキを運ぶ(手前から)獣医師の金子良則さんと、若松徹・環境省佐渡自然保護官事務所首席自然保護官 =17日午後、新潟県佐渡市 (大山文兄撮影)
画像を拡大する
中国から供与されたトキが佐渡空港へ到着。木箱に入ったトキを運ぶ(手前から)獣医師の金子良則さんと、若松徹・環境省佐渡自然保護官事務所首席自然保護官 =17日午後、新潟県佐渡市 (大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 中国から提供された国際保護鳥トキのつがいが17日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターに到着した。2羽は身体測定などの後、専用ケージに解放されて元気に歩き回った。これに先立ち経由地の成田空港で日中両政府の代表団が引き渡し式を行い、雄は「ロウロウ(楼楼)」、雌は「グワングワン(関関)」と名前を発表した。中国からの提供は2007年以来、約11年ぶり。

 環境省によると、2羽は中国陝西省で繁殖、飼育された2歳。センター内の野生復帰ステーションで過ごした後、飼育施設に移し、佐渡のトキと人工繁殖させて遺伝的に多様になるよう目指す。

 中国から日本に提供されたトキ2羽の写真を掲げ、笑顔を見せる日中の代表者=17日午後、成田空港
画像を拡大する
 中国から日本に提供されたトキ2羽の写真を掲げ、笑顔を見せる日中の代表者=17日午後、成田空港フルスクリーンで見る 閉じる

 日本産のトキは03年に絶滅。中国産の個体を繁殖させ、佐渡で08年から放鳥し、野生下での個体数は推定約370羽に達した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング