産経フォト

心の支えはカープの勝利 西日本豪雨でコイの養魚場被害

ニュース

心の支えはカープの勝利 西日本豪雨でコイの養魚場被害

更新 sty1810140009
 養魚場のコイと藤川秀樹さん=広島県福山市  養魚場のコイと藤川秀樹さん=広島県福山市

 西日本豪雨の被災地で、プロ野球広島カープの日本一を心待ちにしている人がいる。子どものころからのカープファンで、広島県福山市でコイなどの養魚場を経営する藤川秀樹さん(48)。豪雨で多くのコイが死ぬ被害に遭ったが、カープの勝利が心の支えに。34年ぶりの日本一を目指し、応援に熱が入る。

 豪雨で変わり果てた風景にぼうぜんとした。友人宅に避難し、7月7日の朝に養魚場に戻ると、辺り一面が水に漬かっていた。通常は透明な養魚池の水も茶色に。養魚場のコイは半数の約100匹が死に、水をろ過するポンプも故障した。

 そんな藤川さんを支えたのがカープだった。店の壁はうちわやタオルなどの赤いグッズでいっぱいだ。「豪雨後、勝ってくれて元気づけられた」とカープの活躍に心を躍らせた。「このまま日本一になって広島を元気づけてほしい」。藤川さんは思いを込める。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング