産経フォト

豊洲市場の一般見学開始 ガラス越し、飲食店利用も

ニュース

豊洲市場の一般見学開始 ガラス越し、飲食店利用も

更新 sty1810130005
一般見学が始まった豊洲市場で、マグロの模型と記念撮影する人たち=13日午前、東京都江東区(松本健吾撮影) 一般見学が始まった豊洲市場で、マグロの模型と記念撮影する人たち=13日午前、東京都江東区(松本健吾撮影)

 築地市場(東京都中央区)から移転し、11日に開場した豊洲市場(江東区)で13日、一般客の見学が始まった。

豊洲市場の一般見学が始まり、展示された「ターレ」に乗って記念撮影をする人たち=13日午前、東京都江東区(松本健吾撮影)
画像を拡大する
豊洲市場の一般見学が始まり、展示された「ターレ」に乗って記念撮影をする人たち=13日午前、東京都江東区(松本健吾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 市場内の飲食・物販店舗の利用も可能で、水産卸売場棟と青果棟で見学コースからガラス越しに市場の様子を見ることができる。通路には市場の歴史や四季の魚を紹介するコーナーもある。
 見学は休市日以外の午前5時から午後5時まで。飲食・物販店舗は各店の営業終了時間までとなっている。
 築地で観光客に人気だったマグロの競り見学は、年末年始の繁忙期を避けるため、来年1月15日から始める予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング