産経フォト

拉致解決する日朝会談へ「段取り作るのが役割」 家族会と菅官房長官が面会

ニュース

拉致解決する日朝会談へ「段取り作るのが役割」 家族会と菅官房長官が面会

更新 sty1810120015
菅義偉官房長官兼拉致問題担当相との面会で発言する拉致被害者家族の横田早紀江さん(左列中央)=12日午後、首相官邸(春名中撮影) 菅義偉官房長官兼拉致問題担当相との面会で発言する拉致被害者家族の横田早紀江さん(左列中央)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)

 北朝鮮による拉致被害者の家族会と、新たに拉致問題担当相を兼務した菅義偉(すがよしひで)官房長官が12日、首相官邸で初めて面会した。家族らは被害者全員の即時帰国へ全力の取り組みを求め、菅氏は「日朝首脳会談は拉致問題の解決に資する会談でなければならない。その段取りを作っていくのが私の役割だ」と決意を述べた。

菅義偉官房長官兼拉致問題担当相との面会で発言する拉致被害者家族会・飯塚繁雄代表(左列奥)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
画像を拡大する
菅義偉官房長官兼拉致問題担当相との面会で発言する拉致被害者家族会・飯塚繁雄代表(左列奥)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 菅氏は6月の米朝首脳会談でトランプ米大統領が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に拉致問題を提起したことなどを念頭に「新たな流れだ。解決に一番大事なのは日本が主体的に取り組むこと。私自身、責任をしっかり果たしたい」と力を込めた。

菅義偉官房長官兼拉致問題担当相との面会を終え、記者団の質問に答える拉致被害者家族の横田早紀江さんと家族会の飯塚繁雄代表(左)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
画像を拡大する
菅義偉官房長官兼拉致問題担当相との面会を終え、記者団の質問に答える拉致被害者家族の横田早紀江さんと家族会の飯塚繁雄代表(左)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 これに対し、家族会代表で田口八重子さん(63)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(80)は菅氏の拉致担当相兼務について「安倍(晋三)総理と直接、意見交換ができ、対応できる形になった」と期待する一方、被害者帰国より日朝国交正常化を優先させようとする一部の動きを懸念し、「好機を絶対につぶさないよう、最重要の被害者奪還に集中してほしい」と求めた。

 面会後の報道陣の取材で横田めぐみさん(54)=同(13)=の母、早紀江さん(82)は菅氏の意欲に期待感を示した上で「拉致は日本人の誰にも起こりえた大事件。事件から41年もたった現実を重く受け止め、必ず日本国へ取り戻すという『本気度』を強く示し、交渉を進めていただきたい」と訴えた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング