産経フォト

中部空港新施設で記念式典 12日開業、最新旅客機展示

ニュース

中部空港新施設で記念式典 12日開業、最新旅客機展示

更新 sty1810110008
 中部空港内の新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」で開かれた記念式典=11日午後  中部空港内の新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」で開かれた記念式典=11日午後
 中部空港内の新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」で開かれた記念式典であいさつする友添雅直社長=11日午前
画像を拡大する
 中部空港内の新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」で開かれた記念式典であいさつする友添雅直社長=11日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 中部国際空港会社(愛知県常滑市)は11日、空港内の新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の12日の開業を前に記念式典を開いた。

 新施設は米ボーイングの最新鋭旅客機787の初号機を展示し、ボーイングが創業した米シアトルの街並みを再現している。中部地域は787の機体部品の3割以上を製造している。

 式典では友添雅直社長が「世界にも類を見ない施設だ」と強調。ボーイング日本法人のブレット・ゲリー社長は「初号機が最もふさわしい地域に里帰りを果たした」と歓迎した。愛知県の大村秀章知事らも出席した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング