産経フォト

南座のライトアップ始まる 京都、11月に新開場

ニュース

南座のライトアップ始まる 京都、11月に新開場

更新 sty1810090022
 耐震改修工事が終わりライトアップされた南座=9日夜、京都市東山区(永田直也撮影)  耐震改修工事が終わりライトアップされた南座=9日夜、京都市東山区(永田直也撮影)
 耐震改修工事が終わりライトアップされた南座=9日夜、京都市東山区(30秒露光、永田直也撮影)
画像を拡大する
 耐震改修工事が終わりライトアップされた南座=9日夜、京都市東山区(30秒露光、永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 耐震改修工事を終えて11月に新開場する南座(京都市東山区)で9日、ライトアップの点灯式が行われ、11月公演「吉例顔見世興行」で襲名披露を行う松本幸四郎さんらが出席した。

 発光ダイオード(LED)などを使ったライトアップは、照明デザイナーの石井リーサ明理さんが監修。

 耐震改修工事が終わりライトアップされた南座=9日夜、京都市東山区(永田直也撮影)
画像を拡大する
 耐震改修工事が終わりライトアップされた南座=9日夜、京都市東山区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 1929(昭和4)年に歌舞伎発祥の地とされる京都・四条に建てられた南座は、国の登録有形文化財。2016年2月から工事のため休館しており、11月1日から吉例顔見世興行が始まる。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング