産経フォト

F35、米軍初の実戦使用 アフガンでタリバン攻撃

自衛隊・ミリタリー

F35、米軍初の実戦使用 アフガンでタリバン攻撃

更新 sty1809280003
 27日、米軍の強襲揚陸艦エセックスからアフガニスタンに向けて出撃するF35戦闘機(米軍提供、ロイター)  27日、米軍の強襲揚陸艦エセックスからアフガニスタンに向けて出撃するF35戦闘機(米軍提供、ロイター)
 強襲揚陸艦エセックスの甲板で待機するF35戦闘機(米軍提供、ロイター=共同)
画像を拡大する
 強襲揚陸艦エセックスの甲板で待機するF35戦闘機(米軍提供、ロイター=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米軍は27日、最新鋭ステルス戦闘機F35を初めて実戦使用した。米海兵隊によると、海兵隊仕様のF35Bがアラビア海の強襲揚陸艦エセックスから出撃、アフガニスタンで攻撃を行った。攻撃は成功だったという。

 イスラエル空軍が今年5月、F35を世界で初めて実戦使用したと発表していたが、米軍による実戦使用はこれまでなかった。米メディアによれば、今回の攻撃は反政府武装勢力タリバンが標的だった。

 F35には空軍型、海兵隊型、海軍型があり、今回投入されたのは強襲揚陸艦からの離陸と垂直着陸が可能な海兵隊型のF35B。航空自衛隊は1月に三沢基地(青森県)に、空軍仕様のF35Aを初配備。日本政府はA型を次期主力戦闘機として42機取得することを決めている。(ワシントン共同)

 強襲揚陸艦エセックス艦上で出撃を待つ第211戦闘攻撃飛行隊のF35戦闘機(米軍提供、ロイター)
画像を拡大する
 強襲揚陸艦エセックス艦上で出撃を待つ第211戦闘攻撃飛行隊のF35戦闘機(米軍提供、ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる
 強襲揚陸艦エセックス艦上で、出撃前のチェックをする第211戦闘攻撃飛行隊のF35戦闘機パイロット(米軍提供、ロイター)
画像を拡大する
 強襲揚陸艦エセックス艦上で、出撃前のチェックをする第211戦闘攻撃飛行隊のF35戦闘機パイロット(米軍提供、ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング