産経フォト

「いい野球人生だった」 西武・松井稼頭央が引退会見

スポーツ

「いい野球人生だった」 西武・松井稼頭央が引退会見

更新 sty1809270019
引退発表の会見を終え、会場をあとにする西武・松井稼頭央 =27日、所沢市内(撮影・山田俊介) 引退発表の会見を終え、会場をあとにする西武・松井稼頭央 =27日、所沢市内(撮影・山田俊介)
引退を発表し会見に臨む西武・松井稼頭央 =27日、所沢市内(撮影・山田俊介)
画像を拡大する
引退を発表し会見に臨む西武・松井稼頭央 =27日、所沢市内(撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 今季限りでの現役引退を決めた西武の松井稼頭央外野手(42)が27日、埼玉県所沢市内で記者会見を行い、「悔しさや悔いもあったが、今思うといい野球人生だった」と25年間の現役生活を振り返った。

 昨オフに楽天を退団して15年ぶりに古巣の西武に復帰した。入団した当時の西武で現役引退を決めたことに松井は「(プロ野球選手として)生まれた場所であり、育ててもらった球団。やめるならここでやめたいと思っていた」と説明した。

引退会見を終え引き上げる西武・松井稼頭央 =27日、所沢市内(撮影・中井誠)
画像を拡大する
引退会見を終え引き上げる西武・松井稼頭央 =27日、所沢市内(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 2004年からは米大リーグにも挑戦し、メッツなどで7年間プレーした。大リーグでの日々について松井は「悔しい思いもしたけど、チャレンジの連続だった。今思えば、いい経験をさせてもらった7年間だった」と振り返った。

 チームは10年ぶりのリーグ制覇に向け大詰めを迎えているが、「自分はまだ日本一(の経験)がないので、最後の花道を飾れるように全力でやっていきたい」と力強く語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング