産経フォト

大坂なおみ、大相撲観戦 八角理事長祝福

スポーツ

大坂なおみ、大相撲観戦 八角理事長祝福

更新 sty1809150020
日本相撲協会の八角理事長(右)と握手するテニスの大坂なおみ選手=15日、両国国技館 日本相撲協会の八角理事長(右)と握手するテニスの大坂なおみ選手=15日、両国国技館
大相撲観戦を楽しんだ大坂なおみ=15日、両国国技館(撮影・大橋純人)
画像を拡大する
大相撲観戦を楽しんだ大坂なおみ=15日、両国国技館(撮影・大橋純人)フルスクリーンで見る 閉じる

 テニスの全米オープンで四大大会シングルスの日本勢初優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)が15日、東京・両国国技館で開催された大相撲秋場所7日目の取組を観戦した。全取組終了後には日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)と歓談。相撲協会広報部によると「とても楽しかったです」と伝えたという。
 大坂はもともと大相撲に興味があったという。一躍スターとなった20歳の女王が客席に姿を現すと観客は席から身を乗り出し、携帯電話のカメラを向けた。八角理事長は「優勝おめでとう」と祝福し、握手を交わした。理事長自身が北海道出身で、大坂の祖父が北海道根室市に住んでいることに触れ「根室にはよく行きます」と、言葉をかけた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング