産経フォト

連休初日、観光客戻らず 北海道「いつもの半分」

ニュース

連休初日、観光客戻らず 北海道「いつもの半分」

更新 sty1809150017
北海道小樽市の観光名所「小樽運河」。3連休の初日だが人影はまばらだった=15日午後 北海道小樽市の観光名所「小樽運河」。3連休の初日だが人影はまばらだった=15日午後
閑散とする北海道小樽市の観光名所「小樽運河」近くの商店街=15日午後
画像を拡大する
閑散とする北海道小樽市の観光名所「小樽運河」近くの商店街=15日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 北海道各地の観光地では3連休初日の15日、地震の影響で客足が戻らないままだった。国内外の旅行者に人気の小樽市中心部も「いつもの半分以下の人出」(地元観光業者)で、普段のにぎわいは見られなかった。観光名所の小樽運河周辺では車の数が少なく、外国人ツアー客もまばら。
 旭川市の旭山動物園では、地震発生翌日の7日から14日までの来園者数が通常の4割程度にとどまった。晴天に恵まれた15日も、例年約8千人のところ5千人足らずだった。
 普段は立ち見が出るペンギンのコーナーでも人は少なかった。坂東元園長は「海外の観光客が極端に減った」と嘆いた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング