産経フォト

岸和田だんじり祭始まる 豪快「やりまわし」に歓声

イベント・祭典

岸和田だんじり祭始まる 豪快「やりまわし」に歓声

更新 sty1809150008
岸和田駅前で曳き出しが行われ、豪快なやりまわしが披露された=15日午前(鈴木健児撮影) 岸和田駅前で曳き出しが行われ、豪快なやりまわしが披露された=15日午前(鈴木健児撮影)
カンカン場で豪快なやりまわしが披露された=15日午前、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
カンカン場で豪快なやりまわしが披露された=15日午前、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪府岸和田市の伝統行事「岸和田だんじり祭」が15日始まった。「ソーリャ、ソーリャ」と威勢の良い掛け声が街中に響き渡る中、だんじり34台が次々と疾走し、勢いをつけたまま道路を直角に曲がる「やりまわし」を豪快に披露した。16日まで。
 南海電鉄岸和田駅前では午前6時ごろから、重さ約4トン、高さ約4メートルのだんじりが次々と登場。屋根に乗った指揮者の「大工方」がうちわで法被姿の曳き手たちに合図し、交差点でだんじりの向きがくるりと変わると、沿道を埋めた観客から拍手が起きた。

カンカン場近くでは何台もの「だんじり」が行き交う場面も=15日午前、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
カンカン場近くでは何台もの「だんじり」が行き交う場面も=15日午前、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 妻が岸和田市出身という三重県鳥羽市の男性(57)は「最前列で見たので迫力を存分に味わえた」と興奮した様子。家族4人で見物に訪れた兵庫県姫路市の高校生(16)は「一度参加してみたい」と目を輝かせた。
 だんじり祭は、五穀豊穣を願い約300年前に始まったとされる。今年は台風21号の影響で資材が確保できず、有料観覧席の設置が見送られた。

カンカン場で豪快なやりまわしが披露された=15日午前、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
カンカン場で豪快なやりまわしが披露された=15日午前、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
岸和田駅前で曳き出しが行われ、豪快なやりまわしが披露された=15日午前(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
岸和田駅前で曳き出しが行われ、豪快なやりまわしが披露された=15日午前(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング