産経フォト

脱線現場に慰霊施設「祈りの杜」 21日から一般公開 尼崎JR事故

ニュース

脱線現場に慰霊施設「祈りの杜」 21日から一般公開 尼崎JR事故

更新 sty1809140013
福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」が完成し内覧会が開かれた。電車が衝突したマンションが保存されている=14日午後、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影) 福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」が完成し内覧会が開かれた。電車が衝突したマンションが保存されている=14日午後、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影)
福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」が完成。慰霊碑に献花をするJR西日本の来島達夫社長と役員ら=14日午後、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」が完成。慰霊碑に献花をするJR西日本の来島達夫社長と役員ら=14日午後、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 乗客106人が死亡し562人が重軽傷を負った平成17年のJR福知山線脱線事故で、JR西日本が兵庫県尼崎市の事故現場で整備を進めてきた慰霊施設「祈りの杜(もり)」が完成し14日、公開された。訪れた遺族や負傷者らは現場マンション前に設置された慰霊碑に手を合わせ、祈りをささげた。

福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」が完成。慰霊碑には犠牲者の名を刻んだ名碑と碑文が設けられる=14日午後、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」が完成。慰霊碑には犠牲者の名を刻んだ名碑と碑文が設けられる=14日午後、兵庫県尼崎市(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 施設の敷地面積は約7500平方メートル。電車が衝突した9階建てマンションは4階までの階段状に減築、アーチ状の屋根を取り付けた。犠牲者への祈りを表現した慰霊碑(高さ約4メートル)や、反省の文言が刻まれた碑、犠牲者の名前を刻んだ名碑も設置された。

 JR西は20日まで遺族らを順次施設に案内し、21日から一般公開される。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング