産経フォト

「N中等部」来春開校へ 教育にネット技術活用

ニュース

「N中等部」来春開校へ 教育にネット技術活用

更新 sty1809130016
 記者会見する「角川ドワンゴ学園」の川上量生理事(左)ら=13日午後、東京都港区  記者会見する「角川ドワンゴ学園」の川上量生理事(左)ら=13日午後、東京都港区

 「角川ドワンゴ学園」(沖縄県うるま市)は13日、インターネットなどIT技術を活用して中学生のための教育を実践する学校「N中等部」を来年4月、東京都内に開校すると発表した。

 記者会見する「角川ドワンゴ学園」の川上量生理事=13日午後、東京都港区
画像を拡大する
 記者会見する「角川ドワンゴ学園」の川上量生理事=13日午後、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 N中等部は通学制。学校教育法における中学校ではなく、生徒は義務教育の中学校に在籍しながら通う。専用アプリの映像を通じた英語、数学、国語などの個別学習の他、コンピュータープログラミングの授業などIT社会を意識した実践的な教育に力を入れるという。

 同学園は、既存の学校教育になじまない不登校者の増加などを背景に2016年4月、ネット社会に対応できる人材を育てようと、通信制の「N高校」をうるま市に開校した。

 同学園の川上量生理事は記者会見し「創造力が養える教育を目指す。社会で生きていくための武器が身に付けられる学校にしたい」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング