産経フォト

客室乗務員がチアダンス 日航、カナダへの定期便50年で式典

ニュース

客室乗務員がチアダンス 日航、カナダへの定期便50年で式典

更新 sty1809100019
 日本とカナダを結ぶ定期便就航50年の記念式典式典で、チアダンスを披露する日本航空の客室乗務員=10日午後、成田空港  日本とカナダを結ぶ定期便就航50年の記念式典式典で、チアダンスを披露する日本航空の客室乗務員=10日午後、成田空港

 日本航空は10日、日本とカナダを結ぶ定期便が就航してから11日で50年を迎えるのを前に、成田空港で記念式典を開いた。大貫哲也常務執行役員は「51年、52年とこの路線の歴史を積み上げていけることを祈念する」とあいさつし、カナダのアルン・アレクサンダー公使は「日本との友好関係がさらに深まるよう願う」と話した。

 日本とカナダを結ぶ定期便就航50年の記念式典に出席した日本航空の関係者ら。後列左から3人目は大貫哲也常務執行役員=10日午後、成田空港
画像を拡大する
 日本とカナダを結ぶ定期便就航50年の記念式典に出席した日本航空の関係者ら。後列左から3人目は大貫哲也常務執行役員=10日午後、成田空港フルスクリーンで見る 閉じる

 式典では、カナダ線にも搭乗している客室乗務員がチアダンスを披露。乗客には搭乗証明書や観光ガイドブックなどの記念品が配られた。

 日航によると、1968年9月11日、国内の航空会社で初めて羽田とカナダ・バンクーバー間を結ぶ定期便の運航を開始。当時は週2便で、往路は直行便だったが、復路は米アンカレジを経由して約11時間半かかっていた。現在は週7便、往復とも直行便で復路は約10時間になっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング