産経フォト

東北の酒で復興アピール フィンランド、風評払拭を

イベント・祭典

東北の酒で復興アピール フィンランド、風評払拭を

更新 sty1809060028
 東日本大震災からの復興をアピールする行事で振る舞われた東北地方の日本酒=6日、ヘルシンキ(共同)  東日本大震災からの復興をアピールする行事で振る舞われた東北地方の日本酒=6日、ヘルシンキ(共同)

 フィンランドで6日、地元の飲食業者らに東北地方の日本酒を振る舞う行事が開かれた。復興庁の主催で、現地訪問中の吉野正芳復興相も参加。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興をアピールし、被災地の地場産品をトップセールスすることで欧州での風評被害の払拭を狙う。

 東北地方の日本酒を振る舞い、東日本大震災からの復興をアピールする行事で、参加者と談笑する吉野復興相(右)=6日、ヘルシンキ(共同)
画像を拡大する
 東北地方の日本酒を振る舞い、東日本大震災からの復興をアピールする行事で、参加者と談笑する吉野復興相(右)=6日、ヘルシンキ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 会場は首都ヘルシンキのレストランで、地元政府や議会関係者らも含め数十人が参加。牛肉やホタテの料理と共に用意されたのは豊国酒造(福島県)の一歩己・純米吟醸、南部美人(岩手県)の南部美人・純米大吟醸、大沼酒造店(宮城県)の乾坤一・純米酒など東北3県の9種の日本酒。
 日本は7月、フィンランドも加盟する欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)に署名。発効後は日本酒の関税が即時撤廃されるため、日本側は日本酒の輸出拡大に期待を寄せている。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング