産経フォト

【台風21号】関空が冠水、空港連絡橋にタンカー衝突

ニュース

【台風21号】関空が冠水、空港連絡橋にタンカー衝突

更新 sty1809040009
冠水した関西空港の滑走路=4日午後、関西国際空港(嶋田知加子撮影) 冠水した関西空港の滑走路=4日午後、関西国際空港(嶋田知加子撮影)
関西国際空港の連絡橋にタンカーが衝突 =4日午後、関西国際空港(FNN提供) 
画像を拡大する
関西国際空港の連絡橋にタンカーが衝突 =4日午後、関西国際空港(FNN提供) フルスクリーンで見る 閉じる

 台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した後、午後2時ごろには神戸市付近に再上陸した。「非常に強い台風」の日本上陸は1993年の台風13号以来、25年ぶり。

 海上は大しけとなり、関西空港は高潮などの影響で航空機の駐機場やターミナルビルの地下などが浸水した。

暴風で吹き飛ばされた搭乗ブリッジのシャッター=4日午後、関西国際空港(嶋田知加子撮影)
画像を拡大する
暴風で吹き飛ばされた搭乗ブリッジのシャッター=4日午後、関西国際空港(嶋田知加子撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 また、4日午後1時半ごろ、大阪湾に停泊していたタンカーが台風の風に流され、関西空港連絡橋に衝突した。乗組員11人にけがはない。

 国土交通省によると、関西空港は二つある島のうち、陸地側にある「1期島」が台風21号の影響で冠水したため、午後3時から空港全体を閉鎖した。滑走路は正午から閉鎖していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング