産経フォト

view 都市の輝き 見守る富士 静岡市

自然・風景

view 都市の輝き 見守る富士 静岡市

更新 sty1809010001
朝鮮岩から望む静岡市街。輝きを放つ夜景の奥で、朝焼けに富士山のシルエットが浮かび上がった =静岡市駿河区(鴨川一也撮影) 朝鮮岩から望む静岡市街。輝きを放つ夜景の奥で、朝焼けに富士山のシルエットが浮かび上がった =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)
夕日に照らされ、山頂がうっすら赤く染まった。同じ場所から眺めていても刻々とその表情を変える =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
夕日に照らされ、山頂がうっすら赤く染まった。同じ場所から眺めていても刻々とその表情を変える =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 午前4時過ぎ、赤く染まった空に稜線(りょうせん)が浮かび上がる。シルエットの富士山が街明かりに輝く静岡市の中心街を見守っている。

 世界文化遺産登録から5年。富士山は昨夏、登録後2番目に多い約28万人が登った。その人気ゆえ、絶景が望めるスポットは広く紹介されているが、都市の風景として撮影できる場所は多くない。

日が沈み、輝きを放つ静岡市街の夜景と富士山 =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
日が沈み、輝きを放つ静岡市街の夜景と富士山 =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 富士山をテーマにした写真コンテストで審査委員を務める写真家の宮井英武氏(80)も「応募作品は茶畑や紅葉など、四季の風景と組み合わせた写真が多い。都市と撮影できる場所は貴重」と語る。

 そこで今回は、「富嶽三十六景」を描いた浮世絵師、葛飾北斎も見ることができなかった、現代ならではの風景を撮影しようと、静岡市西部の山にある「朝鮮岩」と呼ばれる展望スポットを目指した。

富士山山頂近くに湧き上がる雲 =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
富士山山頂近くに湧き上がる雲 =静岡市駿河区(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ハイキングコースを登ること1時間あまり。突然、視界が開け、眼下には約70万人が暮らす県都の街並みが広がっていた。

 林立するビルや住宅。その合間を走る東海道新幹線や国道1号など日本の東西を結ぶ大動脈もしっかりと見える絶好の場所だ。

静岡市の「朝鮮岩」から眺める駿河湾に昇る月 =同市駿河区(鴨川一也撮影)
画像を拡大する
静岡市の「朝鮮岩」から眺める駿河湾に昇る月 =同市駿河区(鴨川一也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 何度も朝鮮岩を訪れているという静岡県藤枝市の会社員、杉本純弥さん(24)は「ここまで見晴らしのいい場所はありません。地元でお気に入りの場所の一つです」と誇らしげに話してくれた。

 夕日が沈むと、明かりが街を彩り始めた。夜景を見るのは初めてだという杉本さんも「光の量に驚いた。宝石箱みたい」と見入っていた。

 富士の短い夏も間もなく終わる。景色は刻々と表情を変え、これからも人を魅了し続ける。(写真報道局 鴨川一也)

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング