産経フォト

モンスター銀河を観測 猛烈に星を作り出す

ニュース

モンスター銀河を観測 猛烈に星を作り出す

更新 sty1808300001
 モンスター銀河のイメージ図(国立天文台提供)  モンスター銀河のイメージ図(国立天文台提供)

 地球から124億光年先にあって、猛烈な勢いで星を作り出している「モンスター銀河」を高精度で観測することに成功したと、国立天文台などの国際研究チームが29日付英科学誌ネイチャー電子版で発表した。

 アルマ望遠鏡で観測したモンスター銀河(円内)。明るい部分に分子ガスが集まっている(国立天文台提供)
画像を拡大する
 アルマ望遠鏡で観測したモンスター銀河(円内)。明るい部分に分子ガスが集まっている(国立天文台提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 星のもととなる水素などを含む「分子ガス」の濃さは、地球がある天の川銀河の約30倍。南米チリのアルマ望遠鏡で撮影し、分子ガスの分布を図で示すことができた。

 分子ガスが濃く集まった「雲」が自らの重力でつぶれて収縮、温度が上がると、やがて星ができる。通常は、ある程度たつと雲はつぶれにくくなり、星が生まれるペースも落ちる。

 モンスター銀河には非常に濃度が高い雲が中心部などに少なくとも三つあり、天の川銀河の約千倍という勢いで星を作り出している。雲自体の重力が大きいためつぶれやすく、高速で星を生み続けるのだという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング