産経フォト

五輪テロ対策の見本市開催 市民ら「軍事関連」と抗議

ニュース

五輪テロ対策の見本市開催 市民ら「軍事関連」と抗議

更新 sty1808290016
 イスラエル企業が主催したテロやサイバー攻撃対策の機材や技術の見本市=29日午後、川崎市  イスラエル企業が主催したテロやサイバー攻撃対策の機材や技術の見本市=29日午後、川崎市

 2020年東京五輪を見据え、イスラエル企業が主催する対テロ・サイバー攻撃の機材や技術を売り込む見本市が29日、川崎市とどろきアリーナ(同市中原区)で始まった。会場前では市民らが「軍事関連企業が出展している」と抗議し、公的施設での開催に反対した。

 「軍事見本市をやめろ」と書かれた横断幕を掲げ、会場前で抗議する市民ら=29日午後、川崎市
画像を拡大する
 「軍事見本市をやめろ」と書かれた横断幕を掲げ、会場前で抗議する市民ら=29日午後、川崎市フルスクリーンで見る 閉じる

 主催企業の「ISDEF」によると、2007年から武器を含めた国土安全に関する見本市をイスラエルの商都テルアビブで開催。国外では初で、イスラエルやカナダ、イタリアなどの計約50の企業・機関が出展した。

 今回、武器の展示はなく、捜索救助用のドローンやテロ対策の車止め、サイバー攻撃の対抗技術を紹介するブースなどが並んだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング