産経フォト

日産、中国でEV初量産 新エネ車規制に対応

自動車

日産、中国でEV初量産 新エネ車規制に対応

更新 sty1808270020
日産の中国市場向け新型EV「シルフィ ゼロ・エミッション」=27日、中国・広州(共同) 日産の中国市場向け新型EV「シルフィ ゼロ・エミッション」=27日、中国・広州(共同)
新型EV生産の記念式典に出席した日産自動車の西川広人社長(右)=27日、中国・広州(共同)
画像を拡大する
新型EV生産の記念式典に出席した日産自動車の西川広人社長(右)=27日、中国・広州(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【広州共同】日産自動車の中国合弁会社、東風日産乗用車は27日、中国・広州の花都工場で、中国市場向けの新型電気自動車(EV)「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始した。日産ブランドとして中国で量産する初のEVで、1回の充電で338キロ走行可能。9月にも発売する。価格は未定。現時点で日本市場への投入予定はないとしている。
 EVなど新エネルギー車の普及を目指す中国政府は2019年、自動車メーカーに対し新エネ車を一定割合で生産するよう義務付ける規制を導入する予定。中国勢に加え、日本勢を含む海外メーカーは新エネ車の開発を加速させている。
 日産は19年度までに中国で、シルフィを含む5種類の電動車を投入する予定。記念式典に出席した日産の西川広人社長は「中国は今後、EVの普及で世界をリードしていく。中国のさまざまな層のお客さまへ魅力あるEVを提供したい」と述べた。東風日産の累計生産台数はこの日、1千万台に達した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング