産経フォト

「誠心誠意」と高橋さん 芥川、直木賞贈呈式

伝統・文化

「誠心誠意」と高橋さん 芥川、直木賞贈呈式

更新 sty1808240012
贈呈式後の記念撮影に臨む芥川賞受賞の高橋弘希さん(右)と直木賞受賞の島本理生さん=24日午後、都内のホテルで(酒巻俊介撮影) 贈呈式後の記念撮影に臨む芥川賞受賞の高橋弘希さん(右)と直木賞受賞の島本理生さん=24日午後、都内のホテルで(酒巻俊介撮影)
贈呈式後の記念撮影に臨む芥川賞受賞の高橋弘希さん(右)と直木賞受賞の島本理生さん=24日午後、都内のホテルで(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
贈呈式後の記念撮影に臨む芥川賞受賞の高橋弘希さん(右)と直木賞受賞の島本理生さん=24日午後、都内のホテルで(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 第159回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が24日、東京都内のホテルで開かれ、「送り火」の高橋弘希さん(38)に芥川賞が、「ファーストラヴ」の島本理生さん(35)に直木賞がそれぞれ贈られた。

 高橋さんは、光沢のある黒いシャツに黒いネクタイ、黒いパンツと全身黒色のいでたち。「大変光栄です。これからも誠心誠意、作品に向き合っていきたい」と、用意していた短い文章を読み上げ、「あれっ、終わりなんですけど…」と頭をかきながら、おどけて見せた。

 一方、白いワンピースにピンク色のジャケット姿で登壇した島本さんは「すいません。結構足が震えて…」と少し緊張した面持ち。「作家になって一番良かったのは、書き続けることのすごさに気づき、触れられることです」と語り、先輩作家や編集者への感謝を述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング