産経フォト

藤井七段が里見女流四冠破り3回戦へ ヒューリック杯棋聖戦

ニュース

藤井七段が里見女流四冠破り3回戦へ ヒューリック杯棋聖戦

更新 sty1808240009
午前10時、藤井聡太七段と里見香奈女流四冠の対局が始まる=24日午前10時、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影)  午前10時、藤井聡太七段と里見香奈女流四冠の対局が始まる=24日午前10時、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) 
対局が終了。感想戦を行う里見香奈女流四冠(左)と藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) 
画像を拡大する
対局が終了。感想戦を行う里見香奈女流四冠(左)と藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪市福島区の関西将棋会館で24日午前10時に始まった注目の一戦「第90期ヒューリック杯棋聖戦」(産経新聞社主催)の1次予選2回戦、藤井聡太七段(16)-里見香奈女流四冠(26)戦は里見女流四冠が午後0時21分、82手で投了し、藤井七段が勝利した。
 先手の里見女流四冠は序盤、先手番を生かし、得意のゴキゲン中飛車で優位に進めた。
 一方の藤井七段は居飛車に構え、二枚銀で対抗した。しかし、里見女流四冠のうまい指し回しに苦戦。序盤から長考する場面が相次いで見られた。
 1時間の持ち時間を使い切った藤井七段が先に1分将棋となった。しかし、中盤以降、藤井七段がうまい指し回しを見せて形勢は逆転。1分将棋になっても好手の連続で冷静に先手玉を追い詰め、最後は押し切った。

本局を振り返って

 藤井七段「序盤、作戦がまとまらなかった。消費時間も不利になり、失敗した。中盤以降、立て直すことができた」

 --長考が続いたが

 藤井七段「こちらの玉が薄い形が続いたので、いろいろな変化を警戒してしまった。序盤で(時間を)使い過ぎてしまった」

 --里見女流四冠との久しぶりの対局だが

 藤井七段「序盤にうまく指された。中飛車を指し慣れているのが伝わってきた」

 --今期のヒューリック杯棋聖戦への意気込みは

 藤井七段「前期はあと1つ勝てば2次予選に行けるところで負けてしまった。今期は次のステージに進めるよう頑張りたい」

 --里見女流四冠、本局を振り返って

 里見女流四冠「先手を生かした序盤戦にはできた。中終盤で間違えたのが悔やまれる」

 --藤井七段との対局について

 里見女流四冠「藤井七段はあっという間に上に駆け上がっていかれた。なかなか対局することはないと思っていた。対局するのは楽しみだった」

 --本日の扇子は(藤井七段の)師匠の杉本昌隆七段のものだったが

 里見女流四冠「いつもかばんの中に1本入れている。たまたまそれだった。特に意味はないです」

感想戦を行う里見香奈女流四冠(左)と藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) 
画像を拡大する
感想戦を行う里見香奈女流四冠(左)と藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) フルスクリーンで見る 閉じる
感想戦を行う里見香奈女流四冠(左)と藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) 
画像を拡大する
感想戦を行う里見香奈女流四冠(左)と藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影) フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング