産経フォト

チキンラーメン誕生60年 環境配慮でさらに前へ

ニュース

チキンラーメン誕生60年 環境配慮でさらに前へ

更新 sty1808230013
1958年に日清食品が発売した当時の「チキンラーメン」 1958年に日清食品が発売した当時の「チキンラーメン」

 日清食品の創業者・故安藤百福氏が発明したインスタントラーメンの元祖「チキンラーメン」が25日で発売60年となる。即席麺は進化を続け、国境を越えて年間約1千億食の市場に成長した。発祥地・大阪で23日までの2日間、健康や環境への配慮を軸に各国企業が即席麺の将来を議論した。

現在販売されている日清食品の「チキンラーメン」
画像を拡大する
現在販売されている日清食品の「チキンラーメン」フルスクリーンで見る 閉じる

 「地球環境への配慮は、もはやメーカーの義務だ」。大阪市に中国やインドネシアなどの主要メーカー13社が集まって開かれた「世界ラーメンサミット」。23日に表明した大阪宣言で、カップ麺の容器の素材を微生物に分解される環境に優しいものに置き換えていく努力を始めることをうたった。
 サミットは世界ラーメン協会(大阪府池田市)が主催し、9回目を迎えた。同協会の推計では、2017年の即席麺の世界総需要は約1001億食。この出発点が、1958年8月25日発売のチキンラーメンだ。
 うどん1玉が6円の時代、チキンラーメンは35円で売られたという。即席麺として初めて成功し、他のメーカーも追随した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング