産経フォト

「怪童」中西太さんが始球式 高松一OB、85歳

スポーツ

「怪童」中西太さんが始球式 高松一OB、85歳

更新 sty1808180012
始球式を務めた中西太氏=甲子園球場(林俊志撮影) 始球式を務めた中西太氏=甲子園球場(林俊志撮影)
始球式に臨む中西太さん=甲子園球場(佐藤徳昭撮影)
画像を拡大する
始球式に臨む中西太さん=甲子園球場(佐藤徳昭撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 高松一(香川)で、1949年夏と51年夏に4強入りした中西太さんが始球式を務めた。ボールはノーバウンドで捕手のミットに収まり、85歳とは思えない投球を披露。「練習ではまっすぐいかなかったが、本番に強いでしょう」と上機嫌だった。
 強打で「怪童」と呼ばれた大選手。「最近の高校生投手はすごい。今の時代に私がやったら打てないだろう」と感心した様子。熱戦を繰り広げる球児に「素早く正確に、という基本を忘れずにやってほしい」とエールを送った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング